CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2020/6/16

JUGEMテーマ:今日の日記

 

6月も中旬・・・

まだまだ「普通」の、去年と同じような生活には程遠いですね。

 

今時期、北海道はとてもいい季節です。

今日は雨で肌寒いですが(笑)

 

通常勤務に戻られている方も多いと思いますが、

私の職場は「三密回避」のために、出勤率70%くらいで調整をしています。

週1回程度、自宅待機(と言う名の休み・・・)がある状況です。

あ、今日も自宅待機日です。

 

自宅待機=会社指示なので出勤同様にお給料が出ます。

ZoomやSkype、メール等で仕事に関する連絡が来たり、報告をあげたりすることも

ありません。

全員がリモート勤務ができる体制が整っていないから、と言うことでもあるのですが。

 

自分の会社を持ち上げたいわけではないけれど

コロナ禍で会社も大変な中、社員のことを考えてくれているなぁと感じてます。

お給料も今まで通りにいただいているし、緊急事態宣言発令中に出勤した時は

日額で手当てが出たり、使途自由なリモート勤務準備金を支給してくれたり・・・

(4〜6月に支給されているので、社会保険料や来年の住民税が心配ではありますが・・・)

40代後半にして、会社の体制や人間関係にほとんどストレスを感じない職場で

勤務できていることはありがたい限りです。

 

ふと、あと何年健康で仕事ができるかな、と考えたりします。

自分自身もそうだけど、ずっと一緒に過ごしている彼もそう。

親の介護で働けなくなることもあるかもしれない。

仕事がある、できることは大事なことですよね・・・

仕事をできるうちは、不満があっても頑張らなきゃ。

 

何を書きたいのか、まとまりなくなってきたぞ。

今日はここでやめとこ(笑)

 

| 毎日の日記 | 14:41 | comments(0) | - | pookmark |
2020/5/5

JUGEMテーマ:今日の日記

 

令和になって2度目のGW。

 

普段なら近郊や道南方面へ桜を見に行ったり。

去年は姪っ子、甥っ子に会いに北見へ行きました。

「平成」から「令和」へ、新しい時代の始まり!と

思いながらテレビを見たり。

祖父母しか経験しないだろうと思っていた「元号3つ」を

自分も経験して不思議な気持ちになったり。

 

この1年のギャップたるや・・・(笑)

 

そして今。

自粛警察、コロナ鬱、コロナ禍・・・

まぁ、ネガティブワードが並ぶ並ぶ。

 

たしかに毎日心地よい生活ができている訳ではないし

我慢しなきゃいけないこともあるし

手に入れたいものがすぐ手に入らないし

街を歩けば閑散としているし

うわーって叫びたくなる時もあるけど。

 

でも生きてるって素晴らしい。

「今」を大切にしなきゃいけないって

考えることができる時間を与えられているかも。

(なんだか宗教ぽいけど、まったく無宗教)

 

もしかしたら、自分がもうかかっているかもしれないし

これからどうなるかもわからないし

不安はあるけれど、毎日生きていこう。

って思っている今日このごろです。

 

医療や介護に携わっている方、ありがとうございます。

コロナ収束のために動いてくださっている方、ありがとうございます。

 
私は自分にできることをやる。

それだけ、でもそれが大事。

 

 

| 毎日の日記 | 10:38 | comments(0) | - | pookmark |
惑わされない

日本各地でコロナウィルスが猛威を

奮っていますね…😱

私が住んでいる北海道は、緊急事態宣言が

出ています。

楽しみにしていた来週末のライブも

延期になってしまいました。


こんなことを言うのはなんですが、

自分が生きている間に、大地震や

今回のような流行病を経験するなんて

思ってもみなかった…😔


報道を見たり聞いたりしていると、

その情報で不安が増してきたり

でも知らないと

どうしていいか分からない…と

全てが悪循環に…


でも。


焦って買いだめしなくても大丈夫。

いつも通り、手洗い・うがい。

できる限り規則正しい生活。

変にビクビクしない。

情報に踊らされない。


それがーいちばんだいじー(歳がバレる…)


こういう時だからこそ

凛として惑わされず。

人としての優しさを忘れずに。


少しでも早くいつもの毎日が

戻りますように。






| 毎日の日記 | 22:25 | comments(0) | - | pookmark |
お正月


私のここ10年くらいの年始ルーティン🎍


■元旦

大晦日からの流れで、まったり。


■1/2

朝早く起きて、完全な防寒対策をして

初詣。

遅くとも8時までに帰宅。

スタートから箱根駅伝往路TV観戦。

選手の頑張りを見て号泣、目が腫れて

外出不可…

泣きすぎて頭痛に襲われる。


■1/3

目の腫れぼったさを感じつつ起床。

スタートから箱根駅伝復路TV観戦。

シード権争い、中継所の襷リレーで

2日に続き号泣。

また泣きすぎて頭痛に襲われる…

さすがに連続して家から一歩も出ないのは

どうかと思い、腫れた目をカバーして

買い物に出かける。


寝て起きて、食べて、TV見て、泣いて、を

繰り返す三が日です😥


一昨年の年末〜去年の三が日はインフルエンザで外出不可😷

今年はかかってないだけ、よしとしよう😑


今年のお正月は喪中なので、初詣には

まだ行ってないけど、箱根駅伝見て号泣は

いつも通り。

ただそれにプラスされたのが、「ノーサイドゲーム」の年始一挙再放送…

遅ればせながら見てみたら、感動だらけで…

駅伝で泣き、ドラマで泣き…

頭痛はもちろん、目も腫れ、こめかみの辺りまで怠いような痛いような…

と言うわけで、今日は家から一歩も出てません😓


仕事始めまで、残りの休日は2日😱

こんな怠惰な生活で、月曜から仕事行けるのかしら💦

社会復帰のリハビリしなきゃ…😫


| 毎日の日記 | 22:14 | comments(0) | - | pookmark |
新年


🎍あけましておめでとうございます🎍


2019年は一度もブログ書かずに終了…💦

今年はそんなことないように…


このブログを読んでくれた方にも、私自身も

笑顔あふれる1年になりますように😊⭐

| 毎日の日記 | 19:04 | comments(0) | - | pookmark |
地震後の自宅周り

朝7時前、会社の先輩からLINEが。

安否確認と会社の稼働についての連絡で、ひとまず自宅待機になった。

会社が入っているビルも停電していて、中には入れないらしい。


続々と同期や同僚からLINEが届きまくる。

みんなスマホの電池残量が減っていくーとか言いつつ、情報や不安の共有を続ける。

道外の友達や親戚からもメールが届いた。

元気づけてくれたり、自虐しつつ不安を笑いに変えようとしたり。

みんなの優しさや温かさを感じたな…

本当にありがたい。


同僚からのLINEで、私の自宅周りの道路が大変なことになってるらしい…

またまたと思いつつ、彼と外に出てみた。


まず自宅マンションの集合玄関前のタイル(赤っぽい方)が下に潜り込むように沈下。


建物横のアスファルトにひび。


地割れ。


確かに地震の揺れはすごかったけど…

まさかこんなになってるなんて…

道路がすごいことになっているって話も、本当なんだろうか…

| 毎日の日記 | 19:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
停電になってから夜が明けるまで

深夜3時半だったと思う、停電になった。

もちろんまだ外は真っ暗闇の中。


まずはスマホの明かりを頼りに、玄関に備えていた手持ちのライトと

引き出しに閉まったままになっていた、来店プレゼントでもらったような

小さなライトを持ってきて、天井に向けて点け、照明がわりに。

もう何年も前に買って使い切っていなかったアロマキャンドルにも

火をつけて、補助照明に。


東日本大震災後から完璧ではないけれど、防災リュック的なものを

2人分作っていたので、その中からロウソクやラジオ等、

使えそうなものを出しておき、大きな余震が来ても

すぐに手に取れるような場所に置いた。


運良く電池式のラジオだったので、情報収集のためにつけた。

震源地や震度のこと、被害状況、注意点、ほんの少しずつだけれど

耳に入ってくる。

地元放送局、そこに携わっている方もみんな被災者なのに

本当にありがたかった。


少しずつ空が白み始めた。


照明が無くても部屋の中が見えるようになってきたので

落ちた電子レンジの場所をずらし、倒れた棚から散乱したものを

とりあえず整理。


インスタントラーメンやお菓子系、日常的に使う調味料も

それぞれ袋に入れて床に直置き。


そんな小洒落てないけど、見える収納的にしていた食器類も

新聞にくるんだりしながら床に直置き。


最初の地震では大丈夫だったけど、台所上の収納棚から

物が飛び出すかもしれないので、落ちそうなものを出して

袋に入れて直置きにしたり、シンク内に置いたり。


もしかすると断水になるかもしれないと思い、

バケツや洗面器、水筒、ヤカンに水を溜めた。


ここで反省しなくちゃいけないのは、湯船のゴム栓について。

2人とも家ではシャワー派で湯船に普段お湯を張ることがないので

ゴム栓が甘くなっていることに気づくはずもなく。

イコール、湯船に水を溜めることができなかった…


ここまでやったところで6時近かったと思う。

仕事はどうなるか分からないけど、少しでも体を休めなければ。

居間で横になり、目を閉じてはみたけれど中々寝付けない。

彼はと言えば、少ししたところでスヤスヤ寝息が。


後から聞いたところによると、歩いてでも出勤することに

なるかもしれないと考えていたようで。

少しでも体力回復&温存しようと思って、横になっただけ、と。

ある意味大したもんだな、と変に感心した。

見習わなければいけないね(笑)


| 毎日の日記 | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
地震が起きてすぐのこと

自分の備忘録を兼ねて、北海道胆振東部地震のことを

書き留めておきます。


9月6日、3時8分頃。

なんだか揺れてるかも…と思って目が覚めた。


んー、地震かな、と半分寝ぼけながら思った瞬間

今まで経験したことのない揺れと、ガシャガシャガシャと

いろんな物がぶつかり合うような、普段の生活では聞かない音が。


やばい、どうしよう!

倒れそうなもの押さえなきゃ!


そう思って、ベッドから立ち上がろうと体を起こしても

揺れに体を持っていかれて、体勢を変えることができない。

何かをしようにも何もできず、声さえ出すこともできず

ベッドの上で四つん這いになって、頭を自分の腕で隠すことしか

できなかった。


どれくらい揺れていたのか、そのときも、今思い出そうとしても

私は分からない。

早く揺れが止まって!と思ったことだけは覚えてる。


揺れが少し収まってきて居間に行くと、彼が

テレビとか押さえようと思ったけどできなかった、と。

そんなことよりも、ひとまずケガしてなくてよかった…


電子レンジ落ちちゃったと言われ、初めて状況確認できたと言うか。

寝室から出てすぐ目に入る所なのに、かなり動揺していて

全く眼中に入っていなかった。


状況としては、

電子レンジが落下(中のターンテーブルが割れて廃棄処分)。

食器がいくつか割れて散乱。

台所に置いてあるスチール棚が倒れて、上げていたものが散乱。

他にも棚から物が落下・散乱したり、姿見が倒れたり…

それに伴い、クッションフロアのいろんな場所に新たな傷。


震源地付近の方や、同じ札幌市内でも液状化現象の起きている

地域の方に比べると、これだけで済んだと言うべきだけど…


私が住んでいるところは、当初震度が発表されず。

すぐにつけたテレビで発表された札幌市内他区の震度を見ても、

「え、そんなもん⁈」と感じたけれど…

後日改めて発表された震度は、震度6弱。

自分が生きている間に、身をもってこんなに大きい地震を

経験するとは思ってもみなかった…


これだけの揺れ、このあと何が起こる⁈と考えても

うまく思考が回らない。

水が出ることは確認したので、今のうちにとりあえず、と

トイレだけは済ませ。

そのあと割れた物だけでもと片付け始めた。


そして地震から30分近く経った頃。

電気が途絶え、真っ暗になった。



| 毎日の日記 | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
父の病院で相談

JUGEMテーマ:今日の日記

 

2017年5月末頃。

父が糖尿病と人工透析でお世話になっている病院で

現段階での父の状態、今後どうしていったらいいかを

話し合うことになりました。

 

どうしてか。

 

実家は、エレベーターの無い団地の4階。

少しずつ足腰が弱ってきていた父ですが、

2016年4月に2回目の脳梗塞を患ってからは、

階段の上り下りや買い物へ行く時にも、つまずいたり

足がもつれて転びそうになったり。

家の中でも転んで肋骨の骨折をしたりと、母の負担が

心身ともに今まで以上に増えてしまい、なんとかしなければ・・・

と言う状態になっていました。

 

そこで、主治医・看護師・ケアマネさん・訪問リハビリ担当の方と

母と私。

患者本人抜きで、まず「どうしていくことがいいのか」を

話すことになった訳です。

 

先生からのお話しは、転倒しやすくなっているので

できるだけ早く低層階に引っ越すべき。

自分が手紙を書くことで、早く移ることができるのであれば

すぐに書いてくださると。

本人が嫌がって今の生活を続けるのであれば、母の負担も増えて

共倒れになってしまう可能性が高い。

自宅での生活を希望していても、いずれ遠くない将来には

車いすや寝たきりになってしまうことも考えられる。

今後、サ高住や特養等の老人ホームでの生活をするのであれば、

今のまま(4階)で様子を見るかい?とのこと。

 

文字に起こしてしまうと、かなり淡々と話しているように

感じる部分もあるかもしれませんが、暗い雰囲気ではなく

時に笑いもありながら現状を言ってくださいました。

 

母は優しいので、父の気持ちを一番に考えつつ

現状を分かってはいるけれど、本人がなかなか受け入れて

くれなくて・・・と。

 

私の答え。

本来は、私ももう少し父の面倒をみてあげられれば

母の負担を減らすことができると思うが、生活もあるので

仕事(量・時間)を変えたりすることは難しい。

かつ、サ高住や老人ホームに入れてあげれる程の

余裕もないのが現状。

でも共倒れになってしまうのが一番怖い。

まずは母の負担を少しでも減らす意味で、週3回の透析時に

介護タクシーを使ってもらえたら・・・と思っている。

 

なにせ本人抜きで話しているので、あとあと仲間外れに

されている!と怒りだしたり、こちらからの提案を

全拒否される可能性も高いので、うまく伝えないとね・・・と

言うのが全員一致の意見。

 

ひとまず、介護タクシー利用の提案と、以前から希望を出してはいる

低層階への引っ越しがいつごろになりそうなのかを

管轄各所へ確認することで、お開きになりました。

 

みんな仕事とは言え、忙しい中、父のために集まってくださって

ありがたい・・・

このみんなの思いを、父はどう感じてくれるのかな・・・

 

 

| 父の病気 | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
長いあいだ

JUGEMテーマ:今日の日記

 

1年以上ブログを書いていなかった・・・・

理由は・・・特になかったです(--)

 

書こう!と思ったけど、時間が無いとか。

PC開いて書くのが面倒、って思ったりとか。

はい、言い訳です。

去年もほぼ同じ事書いたような気がする。

いかんいかん。

 

去年の6月頃から、慌ただしい日が夏ころまで続いて

その後も、あっという間に2018年を迎えた感じ。

 

そうしているうちに・・・

あらら、もう6月後半。

 

少しずつ振り返りながら、書いていこうかな・・・

| 毎日の日記 | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/107PAGES | >>